Announcement

Collapse
No announcement yet.

mijinクラウドチェーンβの公開テスト

Collapse
This is a sticky topic.
X
X
  • Filter
  • Time
  • Show
Clear All
new posts

  • mijinクラウドチェーンβの公開テスト

    弊社で用意したmijinネットワーク上で、公開テストを行います。

    クラウドチェーンβプログラムの利用に漏れた方も、本テストでは全く同様の使い方や試験が可能です。違いは 、本ネットワークは他のテスター達と共有されているという点です。

    また、本テストには、弊社のアカウントから内部トークンを受け取らねば一切の作業が行えないため、まずは以 下の方 法でアカウントを取得し、公開鍵を投稿して頂ければそのアドレスにそれを送金します。受け取った内部トーク ンは他のアカウントに送金したり、mijin上で独自コインを作成したりすることができます。

    本テストに参加するには、以下からlight walletをダウンロードし、windowsマシンにインストールしますと、完全なウォレットとしてお使 い頂けます。以下の手順に従ってテストにご参加下さい。
    1. Light Walletをインストールする。
      http://bob.nem.ninja/beta-testnet/li...n-nginx1.8.zip より。解凍パスワードは"nem"です。
    2. 以下より、アドレス、秘密鍵、公開鍵を入手する。リンクを叩くと自動生成されます。
      http://133.242.230.245:7895/account/generate
    3. Light Walletをたちあげ、以下のいずれかのURLを接続先として接続しますと、mijinネットワークにつ ながります 。
      http://133.242.230.245:7777 (石狩)
      http://153.127.192.174:7777 (石狩)
      http://59.106.210.143:7777 (東京)
      http://59.106.209.120:7777 (東京)
    4. こちらのフォームから、利用申し込みを申請する。
      http://mijin.io/ja/mijin-cloud-chain...kura-open-beta
    5. 申し込み完了のメールに対して、上記方法で発行された「アドレス」を「Xemクレクレ」とご返信下さい。こ ちらから、利用に必要なトークンを送金いたします。
    6. そのトークンを用いて、Light Walletから送金をしたり、内部アセットを作ったり、知り合いに配布したりと自由に操作出来ます。
    7. 当然ながら、APIを用いての開発も可能です。API仕様は以下にあります。
      http://bob.nem.ninja/docs/
      API利用の際も、上記4ノードのいずれかをご利用下さい。
    8. なお、本サービスについては、申込時の利用規約の「無償テスト・フライトプラン」に対するものがそのまま適 用されます。利用されたサービスウェブサイト、ドキュメント、レポート、顧客への提出物など全てにおいて、 「さくら インターネット」が運営する「さくらのクラウド」上で、テックビューロが開発するプライベート・ブロックチ ェーンのクラウド化技術である「mijinクラウドチェーン」を利用している」旨を併せて公表する必要があ ります。
    9. 本環境の提供期間は2016年6月末日までとなります。
    なお、本件はユーザー参加型です。細かい使い方などを投稿して下さればそのまま採用してピン止めします!ま た、積極的な協力者には多めに内部トークンをお送りしますので、そのユーザーからトークンを受け取ることも 可能です。是非実験へのご協力をお待ちしております。

    また、ご利用の際は以下の点にご注意下さい:
    1. ネットワーク上で処理を行う際には、必ず上記トークンによる手数料を付加する必要があります。
    2. 本テスト環境では、設定ファイルにあるノードのIPアドレス一覧、及びブロックチェーンに記録されるブロッ クデータは「全てインターネット上で公開された状態」になっています。なお夏に提供を予定している製品版で は、それらデータをプライベートネットワーク内で閲覧不可とできるほか、トランザクションごとに権限を設定 できる機能を実装する予定です。
    3. 本ネットワークは6月末に閉鎖されるため、内部にあるトークンやアセットは何の価値も持ちません し、消去される予定ですのでご理解の上お試し下さい。
    なお、本テストは、さくらインターネット様で提供頂いている、mijinクラウドチェーンβ上で、秒間25 トランザクションに絞られた環境で稼働しております。

    では、よろしくお願いいたします。

  • #2
    実証実験環境ありがとうございました。

    おそらく、「これどうやって使うの?」と思われる方(自分も?)がいると思うので、「こういう風にやってい るよ」とプロフェッショナルな方がポストしていただけるといいなと思いました。自分は、ドイツ発のとあるO SSを日本に普及した経験から、想像以上に大変でした(笑)

    ということで新規アカウントをまずは作成しましょう。簡単です。ブラウザで以下のとおりアクセスしましょう 。"xxx"はIPアドレスです。

    http://xxx.xxx.xxx.xxx:7895/account/generate

    JSONファイルをダウンロードできますのでPCにローカル保存しましょう。
    JSONファイルは非常に大切な認証情報ですので、間違ってもGitHubなどに公開しないようにしましょ う。

    ということで、次はプロフェッショナルな方にリレーします(笑)
    楽しみながらmijinを触っていきたいですね!
    Last edited by LHJ; 01-29-2016, 10:25 PM.

    Comment


    • kawanode
      kawanode commented
      Editing a comment
      ブロックチェーンについてはほとんど素人なので、ありがたいです(^^)

    • LHJ
      LHJ commented
      Editing a comment
      「Lightwallet」ツールはGitHubに公開されています。

      https://github.com/NewEconomyMovement/nem-lightwallet

      こちらをDLして使うという意味ではなく、ソースコードをGithubで見るという感じでご参考くださいま せ。

      ※LHJさんがコメントした内容にミスがあったので修正しました。失礼致しました。(2016/03/26)
      Last edited by LHJ; 03-26-2016, 01:59 AM.

    • Nocchy
      Nocchy commented
      Editing a comment
      開発環境に関する情報をアップして頂き、大変役にたちそうです。
      ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

  • #3
    次に、作成したアカウント(口座?)の情報にアクセスしてみましょう。

    http://xxx.xxx.xxx.xxx:7895/account/get?address=Mxxx


    メタ情報とアカウント情報が出てきましたね。
    ■meta
    cosignatories []
    cosignatoryOf []
    status LOCKED
    remoteStatus INACTIVE

    ■account
    address Mxxx
    harvestedBlocks 0
    balance 0
    importance 0.0
    vestedBalance 0
    publicKey null
    label null
    multisigInfo {}

    balance が残高でしょうか。初期設定で設定されたアカウントからこちらに送金してみたいですね。
    いろいろstatus を変更する必要があるでしょうか?
    あとvestedBalanceとはなんでしょうか? 金融ど素人なので、詳しいかた教えてください。

    それでは次の方、どうぞ。
    Last edited by Takanobu; 02-01-2016, 03:21 AM.

    Comment


    • takao
      takao commented
      Editing a comment
      Vestedは内部通貨であるXEM手数料を認証ノードとして取得した場合、それが反映された上での残高で すね。

  • #4
    メール「mijin対応のJavaScript版Light Walletリリースのお知らせ」が届きましたので、やり方を箇条書きで記載しますね。間違いあったらご指 摘ください。
    (2016/02/04編集: lightwallet-standalone-1.6-cdn-nginx1.8 → lightwallet-standalone-1.7-cdn-nginx1.8 に変更)

    1. http://bob.nem.ninja/beta-testnet/li...n-nginx1.8.zip をDL

    2. 解凍PWは nem

    3. 解凍先フォルダ内の start-nginx.bat を起動 //停止は stop-nginx.bat

    4. ブラウザで http://localhost:7777/lightwallet/login が開く

    5. 最下段の Custom node: に http://xxx.xxx.xxx.xxx:7777 を入力し、コネクト //portは7777でOK

    6. "I already have a private key that I want to import"をチェック

    7. Wallet name: , Account's address: , Private Key , Password: を入力し、クリエイト //PWは大文字、小文字、数字の組合せで10文字以上

    8. "Choose wallet:" の Wallet name を選択してログイン


    添付のようになればOK!(さくらインターネットさん、オブジェクトストレージ使っていますね。S3バケッ トみたい)
    Attached Files
    Last edited by LHJ; 02-04-2016, 01:53 AM.

    Comment


    • takao
      takao commented
      Editing a comment
      素晴らしいので2スレッドにコピーしました。

    • LHJ
      LHJ commented
      Editing a comment
      全スレッドを修正しておきました。

      (2016/02/04編集: lightwallet-standalone-1.6-cdn-nginx1.8 → lightwallet-standalone-1.7-cdn-nginx1.8 に変更)

  • #5
    実証実験環境の整備ありがとうございます。

    初心者でも書き込んで大丈夫、と信じて質問させてください。

    Pythonで「/account/generate」を叩いて
    新規アカウントは問題なく作成できたのですが、
    お金の受渡しで401エラーになってしまいます。

    ================================================== ==================
    json_data = {'transaction':{'timeStamp': 【現在のタイムスタンプ】, \
    'amount': 1000000000, \
    'fee': 1000000, \
    'recipient': '【送り先のアドレス】', \
    'type': 257, \
    'deadline': 【現在のタイムスタンプ+1時間】, \
    'message':{"payload": "", \
    "type": 1}, \
    "version": -1744830463, \
    "signer": "【送り元の公開鍵】"}, \
    "privateKey": "【送り元の秘密鍵】"}

    resp = requests.post('http://xxx.xxx.xxx.xxx:7895/transaction/prepare-announce', data=json.dumps(json_data))
    ================================================== ==================

    「NEM NIS API Documentation」の
    「7.2.1.Version 1 transfer transactions」
    を見つつ上記のように作成したのですが、どうもうまくいかず…。

    401なのでおそらく「自分が送り元」という認証が必要だとは
    思うのですが、どう解消すればいいのかわからず。

    Comment


    • kumamoto
      kumamoto commented
      Editing a comment
      「/prepare-announce」から「/announce」に変えれば500エラーになることを確認しました。(「/prepare」だと401のまま。)
      announceは「信頼されたローカルノードから実行すること」と注意書きがないから大丈夫なはず……と 信じてます。

      headers = {'content-type': 'application/json'}
      json_data = \
      {'transaction': \
      {'timeStamp': タイムスタンプ,\
      'amount': 1000000000,\
      'fee': 3000000,\
      'recipient': 'アドレス',\
      'type': 257, \
      'deadline': タイムスタンプ+1時間,\
      'message':\
      {"payload": "",\
      "type": 1},\
      "version": -1744830463,\
      "signer": "公開鍵"},\
      "privateKey": "秘密鍵"}

      param = 'transaction/announce'
      get = requests.post('http://xxx.xxx.xxx.xxx:7895/' + param, data=json.dumps(json_data),headers=headers)

      print get.text

      一旦情報を渡すことは成功? 問題は署名のやり方、ですかね…。
      どなたか(PythonからのPostで)送金に成功された方いませんか?

    • TakerMaker
      TakerMaker commented
      Editing a comment
      私も送金できていませんが、[/transaction/announce]で送るデータ形式は9.35.RequestAnnounceだと思います。
      要素はdataとsignatureの2種類。7.9.1に則ってbyte列を手動生成、dataへ入力で しょうか?
      署名はトランザクション作成者の公開鍵でいけるかな?
      3.Account related requestsにこんな記述がありました。
      signature:The transaction signature. The transaction signature is validated using the supplied public key in the field signer. If the signature is not valid, an error is returned from validation
      Last edited by TakerMaker; 02-06-2016, 07:28 AM.

    • TakerMaker
      TakerMaker commented
      Editing a comment
      私の予測は外れた模様。素直にlightwallet使いますかねぇ。
      "timeStamp": 27188856,
      "error": "Internal Server Error",
      "message": "org.nem.core.serialization.SerializationExce ption: unexpected end of stream reached",
      "status": 500

      署名の部分に送信者の公開鍵を記載しましたが、APIのAppendixの例文に比べて短い感じです。
      lightwalletの署名作成処理がどうなっているのかわかれば突破可能かも。
      Last edited by TakerMaker; 02-06-2016, 04:50 PM.

  • #6
    すみません!
    まだβ版のみ対応でした!
    Light walletはこちらをお試し下さい。
    http://bob.nem.ninja/beta-testnet/li...n-nginx1.8.zip

    Comment


    • #7
      先ほど、全員に更に100k XEMを追加で送金しました。

      Comment


      • #8
        皆様、テストはいかがでしょう?

        Comment


        • Capone
          Capone commented
          Editing a comment
          キャッシュのクリアでWallet一覧は出てくるようになりました。
          ありがとうございました。


          ただ、続けてすみません。
          Walletを使って1つのPCからは送金が出来ていますが、その他のPCから送金出来ない状態です。
          その他のPCは全て下記エラーが発生するのですが、解決策のお心当たりは御座いませんか?
          ※成功するPCからは何度送金してもOKです
          ※失敗するPCは3台試しましたが、何度やっても下記エラーが発生します

          failed when trying to send tx:
          FAILURE_TIMESTAMP_TOO_FAR_IN_FUTURE

        • takao
          takao commented
          Editing a comment
          PCの時計が進みすぎてますね

        • Capone
          Capone commented
          Editing a comment
          PCの時刻を調整して、3分ほど遅らせたら成功しました。
          ご指摘ありがとうございました。

      • #9
        初めまして。
        Macのターミナルでコマンドを入力しましたが、以下のようなエラーが返ってきてしまいました。
        CLIに慣れていないので、何が原因なのかイマイチわかりません。
        "error":"Internal Server Error","message":"expected value for property height, but none was found"
        入力したコマンドは以下の通りです。
        curl -v -H "Accept: application/json" -H "Content-type: application/json" -X POST -d '{"blockHeight": {"height":"1"}}' http://XXX.XXX.XXX.XXX:ポート番号/block/at/public

        JSON形式でのデータ送信はこれで問題なくできているのでしょうか?
        宜しくお願いします。

        Comment


        • flops
          flops commented
          Editing a comment
          ポストするデータはblockHeightキーなしのようです。
          また、値は文字でなく数値なのでダブルクオート””を取ってください。
          {”blockHeight”: {”height”:”1”}}

          {”height”:1} <- 全角ダブルクオートになっているので半角にしてください
          に変えてポストしてみてください。

          http://neweconomymovement.github.io/
          にあるParameterの書き方が誤解を生んでしまうようです。
          Last edited by flops; 02-04-2016, 06:07 AM.

        • TakerMaker
          TakerMaker commented
          Editing a comment
          curl -v -H &quot;Accept: application/json&quot; -H &quot;Content-type: application/json&quot; -X POST -d '{&quot;height&quot;:1}' http://XXX.XXX.XXX.XXX:ポート番号/block/at/public
          で行けました。ありがとうございます!
          Last edited by TakerMaker; 02-04-2016, 02:33 AM.

        • TakerMaker
          TakerMaker commented
          Editing a comment
          ダブルクォーテーションが&quot;になっちゃってますね。コピペして実験する方は気をつけて下さい。

      • #10
        Light Wallet 青色「Plain Transfer Trasaction」でXEMを送金しようとすると添付のとおり怒られます。

        Warning: Encrypted message selected, but couldn't find public key of a recipient

        極めて簡単な問題で、「public key がないよ!」で、確かに Light Wallet のWallet の public key は空白です。どうやって public key を組み込めばよろしいでしょうか?
        β版、公開版ともにで、鬼基本的なことで恐縮ですが、恥を忍んでご教示のほどよろしくお願い致します。
        Attached Files

        Comment


        • LHJ
          LHJ commented
          Editing a comment
          再現しますね。
          ・walletを作る時、M*****で始まるアカウントであれば public key は生成されていますが、他のアカウントではpublic key は空白。なるほどと理解。
          ・M*****で始まるアカウントであっても、Namespaceを作ると怒られる。うぬぬ???な状態。

          公開版では問題なく検証できているので、β版は以下の方法がわかると詳細な検証が進められるかな~と思いま した。
          1.public key 付きwalletを作る方法
          2.xemを生成する方法(どのサーバ(GIP)が最初にどうやって生成するのか?も含む)

          当方の知識が浅すぎて恥ずかしい限り(笑)
          AWSもGUIで理解を深めてから、CLI(SDK)でAPIを叩きまくったタイプなので、Light Wallet は大変魅力的なツールでなんとか進めたい!!!

        • takao
          takao commented
          Editing a comment
          もう一度新しいアカウントに送金しましょうか?

        • LHJ
          LHJ commented
          Editing a comment
          > もう一度新しいアカウントに送金しましょうか?
          β版(not 公開版)はOKでした。私のやり方が間違ってたようで。お手数おかけしました。

          Vested balance:
          Balance:
          Mosaic(nem:xem): ともに「900 000 000.000000」です。どえらい値だ!

          これだければ Namespaces 作り放題なので、Light Walletを解析して検証進めます。
          ありがとうございました。

      • #11
        説明文に、4ノード全てを公開しました。
        どのノードに接続しても同様にトランザクションが処理されます。
        通常のサービスはルーターなどでロードバランスや分散を行いますが、ブロックチェーンではアプリケーション 側での制御が必要です。
        2ノードずつ、東京都石狩に地理分散した状態で稼働しておりますので、いろいろとお試し下さい。

        Comment


        • #12
          明日より一般にもβテスターを公募する予定です。

          Comment


          • #13
            たった今より、本オープンβプログラムの申し込み方法が変わりました。
            以降利用をご希望の方は、以下のフォームをご利用下さい:
            http://mijin.io/ja/mijin-cloud-chain...kura-open-beta

            Comment


            • #14
              Tipsのスレッドを、利便性のため一旦こちらのスレッドに統合いたしました。

              Comment


              • #15
                wallet に Public key が付与(生成)されるタイミングは「送金したとき」と理解しました。
                xem を受け取った時点で Public key は生成されていない。

                PKI(公開鍵暗号方式の基盤)の知識があると、どうにも Public key がないと気持ち悪かったので(笑)
                間違っていたらご指摘くださいませ~。

                なお、root から Namespace を生成するのに xem が足りないでござる。
                さすが権威サーバ(それDNSの話)

                Comment


                • takao
                  takao commented
                  Editing a comment
                  xem必要であればアドレスいただければ追加で送金します。
              Working...
              X