Announcement

Collapse
No announcement yet.

NISの常駐について

Collapse
X
  • Filter
  • Time
  • Show
Clear All
new posts

  • NISの常駐について

    スーパーノードを建てようと300万NEMを手に入れ、Linuxと格闘していましたが、どうしても分から ないことがあったので質問させて下さい。
    VPSを契約後、teratermからnix.runNis.shを起動しnisを同期しようとしていたの ですが、teratermからログアウトすると、Nisまで落ちてしまい、ログアウトした後もNisを動か し続ける方法が分からないのです。nohupコマンドなどを試してみましたが落ちてしまいます。
    どうすれば、teratermからログアウトした後もNisを同期させつづけられるのでしょうか?
    初心者丸出しの質問で申し訳ないですが、お答えいただければ幸いです。

  • #2
    正攻法か否か不明ですがtmuxというツールをVPS側にインストールすると解決します。
    tmuxで起動したシェル上で./nix.runNis.shを起動し、その後tmuxの機能でデタッチしてシェルから抜けます。
    するとteratermの接続を切ってもNISプロセス(というかデタッチしたシェル)は動き続けます。

    teratermでVPSに再接続し、tmuxで先ほどのデタッチしたシェルにアタッチすることもできます 。
    tmuxの使い方はググってみてください。

    Comment


    • #3
      すいません。それだとnix.runNis.shのプロセスか落ちた場合にそのままになってしまいます。
      具体的にはデーモン化が必要です
      このあたりの記事が参考になるかもです。nemの方は初心者なので正解とは限りませんけど
      http://blog.anatoo.jp/entry/20120310/1331321778

      Comment


      • #4
        気になって nem nis の docker イメージをみてたんですけど
        rb2nem/nem-docker では supervisorctl を使っているみたいです。
        https://github.com/rb2nem/nem-docker

        Comment

        Working...
        X