Announcement

Collapse
No announcement yet.

NCCからNanoに移行した際の委任ハーベストについて

Collapse
X
  • Filter
  • Time
  • Show
Clear All
new posts

  • NCCからNanoに移行した際の委任ハーベストについて

    はじめましてコロナと申します。

    NCCからNanoに移行した際の委任ハーベストのアカウント周りについて理解できないことがあります。
    理解してらっしゃる方がいれば教えてください。

    これまでNCCを使用していましたがNanoに移行しました。
    NanoにNCCで作成した既存のアカウントをインポートして、Xemの残高や送受信履歴などが移行できま した。
    次にNanoで委任ハーベストをしようとしたときに、委任用アカウント(Remote account, Delegated public key, Delegate private key)の情報が
    NCC上で表示されるそれと異なっていることに気づきました。これは正常なのでしょうか?
    正常とすると、NCC上で見えるの委任アカウントとNano上で見えるの委任アカウントとの関係が理解でき ません。

    また、私はSNも立ち上げていますが、SNのNIS設定にはNCCの委任アカウント情報を記入しています。
    今後walletをNanoに完全移行するなら、NCCの委任アカウント情報は忘れるべき(SNの設定情報 も更新すべき)なのでしょうか?

  • #2
    NanoWallet もしくは,NCC の表示のブレではないかと思います.
    nembex の方で,アカウントの情報を確認すれば,現在の委任アカウントのアドレスが確認できますので,確認して見て 下さい
    http://chain.nem.ninja/#/account/

    可能であれば,問題が起こっている wallet のアドレスを教えていただけると問題の特定ができるかと思います.

    Comment


    • #3
      SNについてはテスト環境が無い為にテストした事が無いのですが、一般的に私が理解している委任ハーベスト の情報です。

      委任ハーベストの状態や設定はNIS側が持っていますので、クライアントであるNCCやNanoWalle tは最悪データが壊れてしまっていてもハーベストされ続けます。この現象は、ウォレットを起動していなくて もハーベスとはされるという事象と同等と考えます。
      NanoWalletでは、localStrageにその情報を持っています。多分ですがwitファイルに はその情報は入っておらず、新規に作ったNanoWalletや最近ですとChromeV55からV56に バージョンアップした際に、localStrage (Key: ngStrage-harvestingMainnetNode )が消されるという現象もあり、それらの場合にはハーベス ト委任先をウォレットが知る方法がありません。
      この為、新規のNanoWalletやlocalStrageが削除されてしまったNanoWalletの 場合、デフォルト値等のサーバを仮に表示している可能性があります(表示上だけで実際に以前に委任契約を交 わしたところでハーベストは続いているはずです)。
      正確には、以前委任したところをNanoWalletで設定しておけば、何もする必要は無いのではないか? と思っていますが、色々と移行作業で悩む事が無い様にNCCからNanoWalletに移行する際には、一 度委任を止めて再度委任する様にアドバイスをしております。

      何かのヒントになれば幸いです。
      Last edited by mizunashi; 02-05-2017, 03:33 PM.

      Comment


      • #4
        him0さん、mizunashiさん

        ご回答ありがとうございます。
        正常であればNCCとNanoとで委任アカウントは一致するということですね。
        私は異なっているので何かがおかしいのでしょう。解決方法がありましたらお願い致します。

        Walletのアドレスは次の通りです。
        NCEHD5-OYP3LM-KIBXM4-X4TML6-W6EGCV-OV6LTI-EYMK

        nembexで検索するとNCCの委任アドレスが確認できました。Nano側に問題がありそうですね。
        ちなみにブラウザはChromeV55(64bit)です。
        NCCとNanoのキャプチャをアップします。

        ■NCCのアカウント情報
        Click image for larger version

Name:	NCC.png
Views:	1
Size:	55.2 KB
ID:	2028


        ■Nanoの委任アカウント情報
        Click image for larger version

Name:	Nano.png
Views:	1
Size:	103.0 KB
ID:	2029

        Comment


        • #5
          私自身、NCCを別のNCCに移行した際に、委任秘密鍵/公開鍵が以降前後で変化するという事案にあたりました。
          それがNCCからnano の移行でも発生したのかなと類推されます。

          >私は異なっているので何かがおかしいのでしょう。解決方法がありましたらお願い致します。
          特に、おかしいところはないように思えます。
          https://twitter.com/oratamah/status/828519668797231104 と言った事案も報告されておりますので
          現状、nano側で委任ハーベスティングをしない運用で良いのではないでしょうか。

          Comment


          • #6
            cameongさん

            なるほど。現状では既存アカウントを継承した場合のNanoでの委任ハーベストは問題が生じることがあると いうことですね。
            おっしゃる通り委任ハーベストはNCCで実施することにします。

            Nanoに一本化したかったので心残りではありますが、現状がわかりすっきりしました。
            ありがとうございました。

            Comment


            • #7
              cor0naさん こんばんは 返信遅かったでしょうか・・。

              私もSN構築済みのNCCからNanoに移行を考えていて、その前にまず予行練習としてNCCで委任ハーベ ストをした状態でNanoにインポートしてからSNを構築する順番を踏んだところ、その過程で下記と同じよ うな状況に遭遇した為、その体験が参考になればと思います。


              >NCC上で表示されるそれと異なっていることに気づきました。これは正常なのでしょうか?

              正常だと思います。私も同じように、Nanoへインポートした際にNCCとは異なる委任用アカウントが表示 されていました。
              これはNCCのjsonファイルをNanoにインポートする際に、下記のような警告が表示されたと思います 。
              http://www.ocknamo.com/entry/2016/11/20/143331
              ただ単にNanoで使用する子キーが生成された為、Walletのアドレスに2つの委任用アカウントが共存 している状態です。


              >おっしゃる通り委任ハーベストはNCCで実施することにします。

              Nanoで委任ハーベスティングをしたい場合は、NCCの委任ハーベスティングをNano側で解除する必要 があります。解除方法については、水無さんのツィート参考にしてください。
              https://twitter.com/mizunashi/status/829329180219170816

              NCC側の委任を解除しない状態でNanoで委任ハーベスティングを始めようとすると、上記オラたま!さん のようなエラーが出るようです。私もNCC側の委任を解除しないで、自分の新たに構築したSN用のNISを 参照したら上記エラーになりました。

              (ただ具体的な上記のエラー発生条件はまだつかめてません。NCCとNanoでかずさんのNISを参照して 、NCC,Nanoで同時に委任ハーベスティングしたらエラーが出ずにNano側で6xemゲットしてまし た。NCCかNanoで委任解除せずにどちらかで自分のSNのNISを設定すると上記エラーが出るのかもし れません。)

              今は問題なく、Nano側で委任ハーベスティングもできて、SNも動いてます。報酬はまだですが。。
              https://supernodes.nem.io/history/search/liang4


              >また、私はSNも立ち上げていますが、SNのNIS設定にはNCCの委任アカウント情報を記入しています 。今後walletをNanoに完全移行するなら、NCCの委任アカウント情報は忘れるべき(SNの設定情 報 も更新すべき)なのでしょうか?

              NCC側の委任アカウント情報は取っておいたほうがいいです。
              私もまだNCCで構築したSNをNanoに移行をやってませんがですが、順序としては、
              1.NCC側の委任アカウントをDeactiveにする。
              2.Nano側の委任アカウントをActiveにする。
              3.自分のSNのNISの設定をNano側の委任アカウントキーに書き換える。
              4.書き換えたNano側の委任アカウントキーをメッセージ送信する。

              でしょうか、
              SNのNCCからNano移行については、既にtennさんやオラたま!さんが成功しているようなので実施 する際は聞いてみてはいかがでしょうか?私も聞くかもしれませんが・・。

              ちなみにCrypto Apexが復活して地味にリニューアルしてるのでNCCがまた使われるかもしれませんね。

              以上です。

              (こんなトピックがあったとは知りませんでした。mijinフォーラムもチェックしておかないといけないで すね。すっかりmijinフォーラムご無沙汰してました。)

              Comment

              Working...
              X