本日、日経FinTech誌に掲載されました記事「住信SBIネット銀行のブロックチェーン検証、 勘定系業務での適用に成功」におきまして、弊社ブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin」が銀行の勘定系業務に適用できることが実証されたと報じられました。

同プロジェクトは、日本初の銀行による本格的なブロックチェーン実証実験として2015年12月15日に住信SBI銀行によって発表され、NRI並びに弊社のパートナーであるDragonfly Fintech社によって実施されたものです。

今回の実験では、AmazonのクラウドAWS上に6ノードによるブロックチェーンネットワークを形成し、実に250万口座による送金シミュレーションを継続したまま、あらゆる実験を3ヶ月にわたって実施したものです。

それら数々の多様な実験において、対攻撃性や対改ざん性、可用性を含むあらゆる実証実験において、「mijin」が銀行の勘定業務に適用が可能であり、実験の範囲内ではゼロダウンタイムの環境が構築できることが実証されましたことをここに報告させていただきます。

また、同記事には「現行勘定系システムでのピーク時相当となる、1時間あたり9万件のトランザクションを処理する際にも問題なく稼働」とあります。この1日216万トランザクションは、あくまでも現行の銀行システムをシミュレートしたものであり、我々のmijinは同時期に提供されていたバージョンにおいて、地理的に分散された環境で既に秒間4桁のトランザクションを問題なく捌く能力を有しておりましたので、その旨をここに再掲させていただきます。

現在、既にmijinの新バージョンのテストが始まりパフォーマンスは更に向上しております。

一部の理解のない方々から、「mijinがnemのクローンである」、「mijinがテックビューロの製品でない」という事実と異なる発言がされておりますが、mijinのコアはnemのコアデベロッパーである3人が弊社において再構築した弊社独自のプラットフォームであり、その見解が間違いである事を改めてここに訂正させていただきます。

今後もnemのコアデベロッパーである3人はテックビューロのmijin開発チームとしてその開発に尽力し、一方テックビューロはmijinへのサポートも積極的に行っていく予定です。そのため、誤解の原因ともなっておりますが、mijinでは「nemと共通した仕様によるAPI」も継続して提供していく予定でございます。

今後ともmijinを何卒よろしくお願いいたします。

コメントを残す