mijinとは?

プライベートブロックチェーン

ビットコインを代表とする、誰もがノードとして参加できるように公開されているブロックチェーンは「パブリック」であると言えます。それに対して、mijinはあなたが管理するネットワーク上で、指定したノードだけが参加することができる「プライベート」なブロックチェーン(Permissioned Blockchain)を構築するためのプラットフォームです。

ブロックチェーンの特徴

mijinで構築されたブロックチェーンは、以下のような特徴を兼ねそろえます。

「消えない」

ブロックチェーン上に記録されたデータは、全てのノードを停止するまでは消えることがありません。

「改ざんできない」

公開鍵暗号技術にて署名されたデータは、第三者によって改ざんすることができません。

「ゼロダウンタイム」

ブロックチェーンでは、既存の「クライアント・サーバー」方式では不可能な「ゼロダウンタイム」を実現します。

高機能なブロックチェーンを提供

「mijjin」は、単に「ポイント」や「独自通貨」を発行管理するためだけのプラットフォームではありません。

マルチ・アセット対応

ビットコインのようなシングルアセットだけではなく、複数のアセットを同時に且つ自由に管理できます。

マルチ・シグネチャ対応

ネイティブでマルチ・シグネチャ(複数電子署名)に対応し、複雑なトランザクションや権限管理にも対応できます。

スマート・コントラクト対応(2016年予定)

単に「ポイント」のようなアセット管理だけではなく、計算処理や複雑な契約を作成し自動実行できます。

mijinの用途

mijinは、既存の多くのデータベースと入れ替えることが可能です。リレーショナルデータベース用途ではなく、以下のような計算処理や決済、アセット管理、情報管理、契約執行に最適であり、既存の開発コストとインフラコストを大幅に削減します。

アセット管理

ポイントサービスや、オンラインゲーム内通貨、株式取引所、銀行など、いわゆる数値としてのアセット所有権を管理するサービスにご利用頂けます。

決済システム

アセットを管理するだけではなく、その譲渡や計算処理を内部的に完結できるため、企業間決済からユーザ向けの決済など幅広くご利用頂けます。

契約システム

数値ではなく、情報の管理と契約の執行を内部的に行えるため、社内稟議システムや企業間決済、流通管理などにもご利用頂けます。

情報管理システム

所有権や情報の管理に特化すれば、政府の登記システムや、社内のドキュメント管理、契約管理、メッセージングにもご利用頂けます。

大幅なコスト削減

3つの常識が不要に

P2P方式であるブロックチェーン技術を用いたmijinでは、既存のインフラで必要であった3つの常識を不要とし、大幅なコスト削減を実現します。

堅牢性が不要

ブロックチェーンのP2P方式では、各ノードが分散して同等の役割を果たすため、高価なハードウェアやインフラ環境が必要ありません。

冗長化が不要

P2Pネットワークでは元々ハードウェアの冗長化が不要なだけではなく、ノードを地理的に分散した複数のネットワーク上に設置すれば、回線や電源の冗長化も必要ありません。

バックアップが不要

各ノードが自動的にコンセンサスを取りながらデータを同期するため、バックアップも必要ありません。

ゼロダウンタイムを安価に実現

既存の「サーバー・クライアント」方式では、限りなく100%に近いアップタイムを実現するためだけに、甚大なリソースを必要とします。

それに対してP2P方式のブロックチェーン技術を用いたmijinでは、全ノードが同時に停止しない限りはサービスが継続するため、原理的にゼロダウンタイムを低コストで実現することができます。

開発コストの削減

様々な設定や設計が必要な既存のデータベースシステムに比べ、mijinではアセットの定義をするだけで利用を開始できます。

また、用意されたJSON APIからJavaScriptを使って全ての機能を利用できるため、高度な知識も必要ありません。

mijinの導入により、システム開発の工期や人月を大幅に削減することが可能です。

信頼性とセキュリティ

ゼロダウンタイムの信頼性

ブロックチェーン技術では、P2Pネットワーク上のノードすべてが全て消失しない限りはその機能が停止することがなく、既存の「サーバー・クライアント」方式は不可能だった「ゼロダウンタイム」を実現します。

最悪のケースでデータ処理に遅延が発生しても、システムが落ちることはありません。そのことは、2009年から止まることなしに稼働し続けているビットコインの存在が証明しています。

ビットコインを上回るセキュリティ

ビットコインでは全てのノードがインターネット上で晒されています。にもかかわらず、秘密鍵が第三者の手に渡らない限りは、2009年以来そのデータが改ざんされたり盗まれたりしたことは一度もありません。

mijinではその特徴に加え、ノード自体を外部から隔離されたプライベートネットワーク上に置くことが可能なため、二重の安全性を提供します。

また、暗号技術を用いてノードへのアクセス自体を制限することができるため、内部のデータは数学的に安全性が保証されます。

nemチームの誘致

nemは、2014年1月に始まったビットコイン 2.0プロジェクトです。ビットコインで採用されている非効率な暗号計算による競争「Proof of Work」ではなく、各アカウントの重要性によって手数料が分配される「Proof of Importance」というコンセプトの元に一からJAVA言語を用いて構築されたnemは、9ヶ月間にも及ぶ実証テストの後に2015年3月31日にローンチされました。

nemは、暗号通貨であるXEMが発行されているだけではなく、独自の暗号通貨を管理できる「Colored coin digital asset」機能やReputation機能、Domain Name機能、スマートコントラクト機能を順次実装している高機能なブロックチェーン技術です。

mijinは、そのnemを開発したチームを誘致し、その長い開発経験と高い技術力を活かし、プライベートブロックチェーン構築用のプラットフォームとして、テックビューロ株式会社にて一から開発されたプラットフォームです。

ビットコインなどをコピー、改造したクローンと呼ばれるサービスや技術は数多く存在しますが、暗号技術、セキュリティの専門家が一から構築したものはごくわずかであり、mijinプラットフォームはその一つとなります。

高度なセキュリティ技術の導入

mijinはマルチ・シグネチャ(複数署名)にネイティブで対応するだけではなく、nemと同様にeigentrust++アルゴリズムを採用し、P2Pネットワーク内に虚偽のデータが紛れ込んだとしてもそれらを自動的に排除します。

ロードマップ

2015 Q4

テストネット上でクローズドβテストを実施 分散ネットワーク上で秒間25トランザクションを実現 (地銀バックエンドシステムをクラウド上で稼働できるレベル)

2016 Q1

テストネット上でオープンβテストを実施 提携企業と実証実験並びにサービスへの実装 同一ネットワーク上で秒間5,000トランザクションを実現 (世界のVISAトランザクション処理量に匹敵)

2016 Q2

デュアルライセンスによるオープンソースの提供開始 スマートコントラクトの実装

2016 Q3

mijinへのZaif(暗号通貨為替)エンジンの実装 各国の主要暗号通貨為替エンジンの実装

2016 Q4

同一ネットワーク上で秒間10,000トランザクションを実現 分散ネットワーク上で秒間100トランザクションを実現 (たとえば、日間550万トランザクションが発生する某銀行の 21,000台のATMネットワークを稼働できる)

2018 Q4

我々のミッションは、2018年までに金融機関のインフラコストを1/10未満にまで削減することです